資格取得方法は2つ

保育士として働くためには保育士資格を取得することが必要です。保育士資格の取得方法は大きく分けると2つの方法があります。

一つは保育士を養成する学校などに通い、所定の科目や過程を履修し、さらに卒業するというものです。これにより保育士としての登録を受けて保育士証を交付してもらえます。この方法であれば2年~4年で保育士資格の取得が可能になります。

もう一つは保育士試験を受験して合格するという方法です。学校に通うのに比べると費用負担が少なく、最短で6カ月ほどで保育士資格取得も目指せます。年に2回開催される保育士試験を受験して合格すれば、主婦や社会人の方でも保育士資格を取得し、保育士として働けます。ただし、保育士試験の合格率は10%台と非常に低く、難関資格と言えます。

実技試験もあるため、実技対策をしっかりとしておくことも保育士試験合格に向けては非常に重要です。

家事や育児をしながら、そして働きながら保育士を目指すことは大変ですが、通信制大学で学び保育士資格を得るという方法もあります。通信制大学は学校に通うよりも低価格で学べ、卒業と共に保育士資格も取得が可能になっています。独学よりもおすすめの方法になっています。
Copyright © 保育士の資格を取得すると就職に有利なの? All rights reserved.