育児経験は活かせるか

子育ての経験がある主婦の方にとっては、自分の育児経験が活かせる仕事として保育士を目指したいという方もいます。実際育児経験が保育士としての仕事に役立つことはあるのでしょうか。

実は子育て経験と保育士としての仕事には違いがあります。子育ては文字通り自分の子どもを育てることですので、他人の子どもを預かり、安全面、そして衛生面などさまざまな点に目を配りながら保育することには違いがあります。

子育て経験があるから保育士として活躍できるのではなく、保育というものを改めて知り、子育てとは異なる部分がある事、そして子育てをしている人に対して、子育ての上での苦労や経験を共有しようという気持ちが大切になってきます。

子育て経験を持つ者の、新たに保育士として仕事をする場合、子育て経験がなくさらに自分より年下の保育士を先輩として対応することも出てきます。時には子育て経験が逆にデメリットとなるケースも出てきます。このような事をしっかりと理解して、保育士として働くことが必要になります。

似ているようで異なる子育てと保育の二つですが、どちらもお世話をする子供たちに愛情を注ぐという意味では同じです。上手にその違いを理解し働くことが大切です。
Copyright © 保育士の資格を取得すると就職に有利なの? All rights reserved.